「見える化」とは

デバイスワークスの考える「見える化」とは

 一般に、「見える化」というと、漠然と捉えていたものを数値で明示することや、一部の人にしか伝わらなかったことを全員に伝えるサインを出す、などの経営上の手法を指しているようです。

 

 それに対して、デバイスワークスで考える「見える化」は、

 

「住所があるなら地図に表示したい」

「複数のデータを一目で把握したい」

 

という欲求からスタートしました。

 せっかく住所があるなら地図に載せない手はありません。地図によって地域的なつながりや分布の傾向が、3つのデータを表す図形でデータ間の関連が、視覚的、感覚的につかめます。

 一般にいう「見える化」とは逆に、数値やデータをあいまいに捉えることになりますが、

地図上に表して一目で「見える」ようにすると、数値やデータがより深く「見えてくる」ようになると考えています。