建設業界の皆さま、こんなご利用はいかがですか?

適用事例です。(※実際のデータを別途加工して表示しています。)

■道路上の測定値をプロットした例。

GPSによる計測データの活用

具体的な数値よりもグラフの大小で

ひと目でわかるので、直観的な判断

が可能。

 

色分けをすることでさらに追加情報を把握することができる。

 

数値だけだと、

どの IC から作業車を入れるか、

どこから材料を運搬するかなどの

情報が分からないのを地図にプロットすることで確認が容易に。


近年、路面性状は高速で長距離の測定が可能となっており、結果の「見える化」は、より重要な判断材料となります。